La Boite a soleil フランス語絵本 ペール・カストール

タイトルの意味は「光る箱」。
soleilは「太陽」「光」という意味です。
女の子はガーデンで素敵なものをたくさん見つけ、その中の一つを箱の中にしまって自分の部屋に持ち帰ります。
さて、何を入れたのでしょうか・・・・?

子どもの頃は、いろんなものを拾ってきてはコレクションしていましたよね。
店長息子も、小学生になった今でも、毎日、いろいろなモノを拾ったり連れて帰ったりしてきます。


初版は1954年です。


Père Castor シリーズ
Flammarion社
ソフトカバー
縦21cm×横18cm
16P


☆ ペール・カストールとは ☆
「ペール・カストール(ビーバーおじさん)」シリーズは、
「子どもの自発性や感性を育むための創造的な絵本の制作」を目指して、
1931年、教育者ポール・フォーシェによって創刊されました。
この理想を実現するために 多くの才能ある画家たちが創作に取り組み、
世界各国の絵本制作に影響を与え続けています。
日本の福音館書店が出している「こどものとも」シリーズも、影響を受けています。
フランスで今でも版を重ねているロングセラー・シリーズです。
販売価格 1,100円(税込1,188円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

プティトラン

2017年がスタートしました♪ みなさまにとって、素晴らしい1年になりますように!