「動物売ります」フランス語版☆ブルーノ・ムナーリのしかけ絵本

Le vendeur d'animaux

5歳の息子のためにムナーリが作った仕掛け絵本シリーズの中の1冊です。
表紙に出てくる動物5匹を売る動物売りのお話です(売れそうもない動物もいますけどね・・・!)。

最初はフラミンゴ、次はヤマアラシ、それからアルマジロ、コウモリ、ムカデの順に登場します。
でも、「○○はいかが?」といくら言っても、「だめだめ、○○になっちゃうよ」と返されて、なかなか売れないようです。

そこで、最後に出てくるのは、鳥の丸焼き。
これなら、悪さもしないし手もかからないから・・・?!
この発想の飛躍には、笑ってしまいますよね。

フラミンゴの伸びやかなポーズや、ヤマアラシの毛の勢いなど、単純で力強いムナーリさんのタッチがステキです。
2匹のチョウは、どのページにも登場しますが、この「動物とチョウ」の組み合わせはムナーリさんのお気に入りらしく、20年近く後に出版される彼の代表作「ZOO」に継承されます。

Bruno Munari 作
Album: 12 pages
Editeur : Seuil Jeunesse (2 juin 2008)
Collection : LIVR.OBJETS


販売価格 3,476円(税込3,754円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

プティトラン

2017年がスタートしました♪ みなさまにとって、素晴らしい1年になりますように!