私のちいさなオルセー美術館☆フランスのこどものためのアートブック

親子で楽しみながらオルセー美術館の魅力に触れることのできる1冊です♪

フランス国立美術館連盟(RMN)が発行するこの絵本は、
こどもの視点で美術の面白さを捉えた異色の「オルセー・ガイド」です。
ゴッホやゴーギャンとは誰なのか、印象派とは何なのか、
そのような美術に関する知識を持たないこどもが、作品を目にしたとき、
いったいどんな思いを抱くのでしょうか。

ゴーギャンの作品では、絵の中の野良犬が語り出し、
家族が集う午後の庭を描いたボナールの絵では、
小さなこどもとおばあちゃんの心温まる会話が繰り広げられ、
愛らしい白くまの彫刻が自ら、その作者ポンポンを紹介します。
セザンヌの絵は「りんごとオレンジ」という題名だけど、
いったいどれがりんごで、どれがオレンジなのかな?


大きな図版に添えられたこうした文章は、
一般のガイドブックや解説書では出会うことのない斬新な発想です。
その作品の世界にぐっと入り込むことのできる内容なので、
こどもたちと一緒に楽しめるのはもちろんですが、
日頃から多くの美術書に慣れ親しんだ大人の目にも新鮮な絵本です。

Mon petit Orsay 
22.5×22.5mm
43ページ
フルカラー
ハードカバー
著者/マリー・セリエ



フランスの子ども向け美術入門書は、世界屈指の質の高さ。
子どもはもちろん、美術通の大人もぞんぶんに楽しめる内容です。




☆ マリー・セリエ Marie Sellier
パリ生まれ、パリ政治学院出身。
バイヤール・プレスの児童書部門の記者として、長年にわたり児童書の編集に携わる。
RMN(フランス国立美術館連合)の美術双書シリーズや『ルーヴルの核心』『オルセー美術館への旅』(いずれも未邦訳)の執筆者として活躍。
また、『アフリカ、ちいさなショカ』(未邦訳)で、「魔女賞」、「十月賞」などを受賞した。近年では、子ども向けの美術館ガイドシリーズを企画・出版し、一躍注目を集めている(いずれも未邦訳)
販売価格 2,333円(税込2,520円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

プティトラン

寒くなってきましたね! あたたかくしてみなさま、どうぞご自愛くださいませ♪