キリクと魔女 フランス語&英語DVD スタジオジブリライブラリー ミッシェル・オスロ

≪三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー≫
『キリクと魔女』

ミッシェル・オスロは初めての長編作品である『キリクと魔女』では、原作・脚本・監督の3役を務めました。
彼は幼少時代をギニアで過ごし、そこでの強烈な体験が、『キリクと魔女』を作る大きな動機になっています。
アフリカは彼の原点でもあり、長年あたためてきた念願のテーマでもありました。
監督の意図は多くの賛同者を得、サウンド・トラックにはあのユッスー・ンドゥールも参加しました。
また、彼は日本文化をこよなく愛する人物でもあり、
若い頃、日本に滞在し、墨絵を描き、葛飾北斎の絵の心酔者でもあります。
『キリクと魔女』の映像に、どこか親しみを感じるのはそのせいかもしれません。
人類誕生のアフリカだけが生み出し得た、この全く新しい世界神話は、
フランスの公開で観客動員130万人、興行収入650万ドルという異例の大ヒットをおさめました。
さまざまな関連グッズも浸透し、ひとつの社会現象と呼べるまでに発展し、
ビデオもアニメ作品としては異例の60万本のセールスを記録。
いまだ本国では、伝説的に語られている希有な作品となっています。

<ストーリー>
キリクが生まれたアフリカの村は、魔女カラバの恐ろしい呪いにかけられていた。
泉の水は涸れ、魔女を倒しに出掛けた男たちはすべて魔女に食われ、村に残っているのは、女子供と老人だけ。
「どうして魔女カラバは意地悪なの?」。持ち前の好奇心と行動力で、
小さなキリクは賢者が住むという“禁じられたお山”へ旅に出る・・・。
(商品説明より)



***********************************

言語    : フランス語 英語
字幕    : フランス語
リージョン : リージョン2 (日本と同じです)
方   式 : PAL(日本のNTSCとは異なります)

***********************************

※PAL方式のため、パソコンまたはPAL対応DVDプレーヤーで再生いただけます。
販売価格 2,333円(税込2,520円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

プティトラン

2017年がスタートしました♪ みなさまにとって、素晴らしい1年になりますように!