金のはさみのカニ (タンタンの冒険旅行9)フランス語版

Les Aventures de Tintin, tome 9 : Le Crabe aux pinces d'or


『タンタンの冒険旅行』シリーズの1冊。
『金のはさみのカニ』は、エルジェが1941年に発表した作品です。
1953年に現在のカラー版に改定されました。
舞台となっているアフリカ北西部(現モロッコ)は、かつてフランスの植民地だったところです。
タンタンの愛犬ミルー(日本語版ではスノーウィ)がたまたま見つけたカニ缶をきっかけに、
国際麻薬組織の密輸計画が発覚します。
タンタンはカニ缶の謎を追って、ハドック船長の船に乗り込みましたが、
麻薬組織の一味、航海士のアランによって船内に閉じ込められてしまいます。
タンタンはハドック船長とともに海上から砂漠に不時着し、
フランス軍の中尉に助けられた後、モロッコの港町に向かいますが・・・!

この巻の見どころは、なんといってもハドック船長の登場!
酒癖も罵声も憎めないこの海の男は、のちにタンタンのよき理解者となっていきます。
(商品説明より)



Hergé (エルジェ)著
Hardcover: 62 pages
Collection : Les aventures de Tintin
30.2 x 22.5 x 0.9 cm


このお話が収録されているDVDはこちら↓
フランス語&英語「タンタン vol3」DVD フランス語字幕あり
販売価格 2,100円(税込2,268円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

プティトラン

2017年がスタートしました♪ みなさまにとって、素晴らしい1年になりますように!